なるたけの意味や使い方は?なるべくと違う?どこかの方言なのかを調査!

narutake-meaning eyecatch 日々のこと

★この記事では、「なるたけ」という言葉について、

どういう意味か「なるべく」とは違う?
●「なるたけ」の使い方
●どこかの方言なのか

これらの情報を知ることができます。

なるたけ」という言葉を、「なるべく」と同じような使い方で耳にしたことがある方は多いと思います。

意味はわかるので、なんとなく聞き流していた言葉ですが、「なるたけ」って実際どういう意味なのか、使い方や「なるべく」との違い、方言なのかを調査しました。

なるたけの意味や使い方は?「なるべく」とは違う?

それでは早速、「なるたけ」の意味や使い方を見ていきましょう。

結論から言うと、「なるたけ」の意味は「なるべく」と同じです。

[副]《動詞「な(成)る」の終止形+可能の助動詞「べし」の連用形から》できる限り。できるだけ。なるたけ。「成る可く早く行く」「成る可く残さずに食べなさい」

引用:Goo辞書

つまり、「できるだけ」「できるかぎり」という意味ですね。

例としては、

なるたけ早く=できるだけ早く

なるたけ手を加える=できるだけ手を加える

ということで、「なるたけ」は「なるべく」、「できるだけ」、「できる限り」の替わりに使うことができます。

実は昔は、「なるたけ」と「なるべく」は若干意味が違っていました。

✔なるたけ=できるだけ

✔なるべく(は)=できれば

ただ、現在はこの2つの言葉の意味は同じと捉えて問題ないです。

なるたけはどこかの方言なの?

なるたけ」は「なるべく」、「できるだけ」、「できる限り」の替わりに使えると分かりましたが、実際によく耳にするのは「なるべく」や「できるだけ」ですよね。

テレビやラジオのアナウンサーが「なるたけ」と言っているのは聞いたことがないと思います。

では、「なるたけ」はどこかの方言なんでしょうか?

なるたけ」は、特定の地方の方言というわけではなく、標準語です。

印象としては、「なるたけ」は少し古い世代によく使われている感じです。

なので、現代のアナウンサーがテレビやラジオで言うことはほとんどないのでしょう。

まとめ

さてさて、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

今回の記事では、「なるたけ」の意味や使い方、「なるべく」との違いや、方言なのかをご紹介しました。

なるたけ」は「なるべく」と同じように使え、「できるだけ」「できる限り」という意味です。

以上、なるたけの意味や使い方は?なるべくと違う?どこかの方言なのかを調査! でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※熟語と言うと四文字熟語を思い浮かべますが、一番長い熟語にはどんなものがあるか調査しました。

こちらもあわせてご参照くださいね★

一番長い熟語は何文字?四文字以上の長い熟語や日本一長い漢字名を調査!

一番長い熟語は何文字?四文字以上の長い熟語や日本一長い漢字名を調査!
「熟語」という言葉を聞くと、四文字熟語がまず思い浮かびますが、それ以上に長い熟語はたくさんあります。この記事では、一番長い熟語にはどんなものがあるのか、また一番長い漢字の名前は何かを調査しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました