Google Payで別のアプリがウォレットへのアクセスをブロック!対処法は?

googlepay-wallet-block eyecatch 日々のこと

★この記事では、Google Payを利用しようとしているのに、「別のアプリがウォレットへのアクセスをブロックしているようです」というメッセージが出て、アプリの購入や更新ができない時の原因と対処法を知ることができます。

Google Playでアプリを新たに購入したり、更新しようとした時に、 「別のアプリがウォレットへのアクセスをブロックしているようです」 というメッセージが出てしまって、先に進めなくて困った経験をした方は多いのではないでしょうか。

すぐにそのアプリを使いたいのに、これでは不便で困ってしまいますね。

この記事では、Google Playで別のアプリがウォレットへのアクセスをブロックしている時の原因と対処法を調査しました。

Google Payで別のアプリがウォレットへのアクセスをブロック!原因と対処法

それでは早速、原因と対処法を見ていきましょう。

原因

ツイッターやQ&Aサイトなどで、Google Payでの支払いに進めなくて困る、という書き込みを度々目にします。

今すぐ使いたいアプリがある場合、これは困ってしまうし、自分の端末に何か問題があるのか心配になっちゃいますね。

Google Payで「別のアプリがウォレットへのアクセスをブロックしているようです」 というメッセージがでる原因は、次の2つが考えられます。

①そのスマホやパソコンの端末の中で、ウォレットアプリを複数使っている

②セキュリティアプリがアクセスを拒否している

Google Payからのメッセージにもあるように、原因は端末の中に入っている他のアプリになります。

端末自体の問題ではないので、ご安心くださいね。

対処法

原因は他のアプリだと分かったところで、対処法はこちらです。

原因と思われるアプリをオフにする

ウォレットへのアクセスをブロックしている可能性のあるアプリを、一旦オフにしてください。

ブロックしている可能性の高いアプリには、次のようなものがあります。

●ブルーライト遮断系アプリ
●明るさを落とすアプリ
●覗き見防止を謳うアプリ
●お財布アプリ

また、Battery Mixというバッテリーの稼働状況に関するアプリが原因だったという報告もあります。

端末の中に思い当たるアプリがある方は、一旦これらの機能をオフにしてからGoogle Payをお試しください

アンインストールする必要はありません。オフにするだけで大丈夫なケースがほとんどです。

ウイルスバスター が原因の場合

上に挙げたアプリの他に、ウィルスバスターが原因のことも多いです。

スマホにウィルスバスターのアプリがインストールされている場合は、以下の方法で一旦強制停止をしてみてください。

①端末の「設定」 を開く

② 「端末管理」 →「アプリケーション」 を選択

③ アプリ一覧から 「ウイルスバスター モバイル」 を選択

④表示される画面で「停止」 または「強制停止」を選択

もしこの方法ができない場合は、ウィルスバスターを一旦アンインストールしてみてください。

Google Payで別のアプリがウォレットへのアクセスをブロック!対処法まとめ

今回の記事では、Google Payを利用しようとしているのに、「別のアプリがウォレットへのアクセスをブロックしているようです」というメッセージが出て、アプリの購入や更新ができない時の原因と対処法をご紹介しました。

原因は端末内の他のアプリになりますので、この記事でご紹介したようなアプリが入っている場合は、それを一旦オフにしてGoogle Payでの支払いをお試しくださいね。

以上、Google Payで別のアプリがウォレットへのアクセスをブロック!対処法は? でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※令和の時代になっても一向になくならない詐欺電話。

最近、683から始まるニウエという国からの着信が増えています。

こちらは詐欺電話ですのでお気をつけくださいね!

+683ニウエの電話番号からの着信への対処法を調査!詐欺電話?
最近よく着信する人が増えている、「+683ニウエ」という番号からの不在着信への対処法をまとめました。「+683ニウエ」「683...」「00683...」の番号がこれに当たります。ニウエというのはオセアニアにある国名です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました